株式会社リンググローバルソリューション

グループサイト

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • お問い合わせ・資料請求
  • TEL:03-6867-0071
  • JAPANESE
  • ENGLISH

COLUMN コラム

名画から選んだ美しい英語

2017.11.20

名画から選んだ美しい英語(135)

原島 一男

“Job is good.  Really good.”
「仕事は順調。とても順調」                            
(僕たちのアナ・バナナ)

  映画の中で話されている、上品で丁寧なフレーズをそのまま紹介する連載。
 “アナ・バナナ”というニックネームを持つアナ・ライリ−(ジェナ・エルフマン)はカソリック神父になったブライアン(エドワード・ノートン)とユダヤ教会のラビになったジェイク(ベン・スティラー)の小学校時代の幼なじみです。行動的で頭脳明晰、正義の味方、それにクラス1の美人だった彼女。そのアナが16年ぶりにロサンゼルスからニューヨークへ戻ってきます。空港での3人の会話。

----------------------------------------------------------------------------
ANNA:  How are you?  Who Are you?               「しばらく、どうしてた?なんでも 話して。
       Tell me everything.  Job, girls, news?”          仕事は、いい人は、ニュースは?」
BRIAN:  No, I know about him. You start.       「いや、ジェイクのことより、アナのことから」
ANNA:   Job is good.  Really good.                 「仕事は順調。とっても順調。
JAKE:    Men?                                      「男性関係は?」
ANNA:   I take yoga. That’s my life.                     「ヨガ習ってるの。夢中よ。
       I don’t have time for relationships.         男性との時間はないわ。
      I work 100 hours a week.                   週100時間も働いているのよ」
-「僕たちのアナ・バナナ」(Keeping the Faith  1999年 監督/主演:エドワード・ノートン 
      脚本:スチュアート・ブランバーグ)
----------------------------------------------------------------------------

 カルバン・クラインの洋服を着こなし、現代を一身に背負ったビジネス・ウーマンになったアナは、話し方にも無駄がありません。

・How are you?  Who Are you?:「元気?あなたは誰?」=「しばらく、どうしてた?」
・Job, girls, news?”  :   「仕事は、いい人は、ニュースは?」と、3つの単語で全てを言い表している。
・No, I know about him. You start.: ブライアンは横にいるジェイクのことは知っているので、
                    彼女のことを話してくれと言っている。
・That’s my life. : 生活のすべて → 夢中になっていること。
・I take yoga. I don’t have time for relationships.  I work 100 hours a week. :
 この3つのセンテンスは自分が置かれた状況/習慣を説明しているので、いずれも現在形を使っている。

 この映画は俳優エドワード・ノートンの初監督作。プロモーションのため、東京を訪れたノートン監督に直接聞いてみました。
KH:「あなたの映画では、名詞の積み重ねだけのせりふが多いようですが、意識してこういう会話を作ったのですか?」
EN: 「あれは、知り合いの女性がああいう口調で話すので使ってみた。電話で名詞だけで話すんです。これは、彼女に対する贈り物です」
KH: 「簡潔ですばらしい。ニューヨークのビジネス社会では、こんな英語を使っているのでしょうか?」
EN: 「さあ、ビジネスの人たちとはつき合いがないので、よく知りません」

 なお、原題のKeeping the Faith は、「貞節を守る」「信仰を守る」。信仰に忠実であると同時に自分にも忠実であれ、と説いています。

原島一男著「心をなごませる感じのよい英会話」(ベレ出版) 好評発売中
原島一男著「単語で通じる英会話」            (ベレ出版) 好評発売中
原島一男著「映画のなかのちょっといい英語」(麗澤大学出版)好評発売中

unnamed.jpg

原島 一男

Kazuo Harashima

PROFILE

一般社団法人内外メディア研究会理事長、ノンフィクション作家。慶應義塾大学経済学部卒業。ボストン大学大学院コミュニケーション学科に留学後、1959年NHKに入局。国際局で英語ニュース記者・チーフプロデューサーを務める。定年退職後、山一電機株式会社に入社、取締役・経営企画部長などを務める。現在、英語・自動車・オーディオ関連の単行本や雑誌連載の執筆に専念。日本記者クラブ・日本ペンクラブ会員。『店員さんの英会話ハンドブック』(ベレ出版)、『オードリーのように英語を話したい!』(ジャパン・タイムズ)、『なんといってもメルセデス』(マネジメント社)など、著書多数。

このコラムニストの記事一覧に戻る

コラムトップに戻る