株式会社リンググローバルソリューション

グループサイト

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • お問い合わせ・資料請求
  • TEL:03-6867-0071
  • JAPANESE
  • ENGLISH

COLUMN コラム

名画から選んだ美しい英語

2017.12.18

名画から選んだ美しい英語(136)

原島 一男

“You are... the best natural code breaker I have ever seen.”
「あなたは私が出会った最も優れた暗号解読者です」
(ビューティフル・マインド)

 映画の中で話されている、上品で丁寧なフレーズをそのまま紹介する連載。
 数学の基本である「ゲーム理論」を研究し、経済学に大きな影響を及ぼした数学学者ジョン・フォーブス・ナッシュ・ジュニアの物語。
1947年秋、ジョン・ナッシュ(ラッセル・クロウ)は、アメリカ・ニュージャーシーのプリンストン大学大学院の数学科に入学、
彼独自の理論を構築します。しかし、天才ゆえにナッシュのその後の人生は大きく狂って行きます。
そのきっかけは、政府諜報員のパーチャー(エド・ハリス)との出会いでした。

----------------------------------------------------------------------------
PARCHER: What distinguishes you is that          「何といっても、
           you are, quite simply... the best            あなたは、これまでに私が会った
           natural code breaker I have ever seen.      最も優れた暗号解読者です」
JOHN:  What exactly is it that                                   「それで、いったい、
           you would like me to do?                               私にどうしろというのです?」
PARCHER: Commit this list of periodicals to memory.「この雑誌のリストを記憶にとどめ、
                 Scan each new issue, find any        新しく発行されるたびに目を通し、
                hidden codes, decipher them.         隠された暗号を見つけ、解読することです」

―「ビューティフル・マインド」 (A Beautiful Mind  2001年 監督:ロン・ハワード 脚本:アキバ・ゴールズマン)

----------------------------------------------------------------------------

・ what distinguishes you =あなたを区別するものは/あなたが人と違うのは
・ quite simply = とにかく/何といっても
・ natural =うってつけの/天性の素質がある
・ what exactly is it that ~?    =   正確には、いったい、なんのことですか?

 こういって、パーチャーはジョンを秘密の任務に引き入れます。第二次大戦で高度な数学的分析が暗号解読に役立ったことから、ソ連との冷戦下のアメリカでそうした人材が何よりも

求められていたのです。スパイになったナッシュは、一方で大学の数学の授業を受け持ちますが、そこで会った聴講生のアリシア(ジェニファー・コネリー)に心惹かれ、結婚します。
 しかし、ジョンは秘密の任務のことをアリシアに打ち明けることはできません。日が経つうちに、ジョンの周りには怪しい人物が出没し始め、命の危険まで感じるようになります。こ

うして、過度な精神的プレッシャーからコントロール不可能な極限に達したジョンは精神錯乱状態に陥ってしまいます。
そうしたジョンに対し、常に暖かい目で見守るアリシア。ジョンの病状は身のまわりにいる人たちを傷つけることもあり得るほど悪化して行くのですが…。
 大学入学からノーベル賞受賞までの47年間、ひとりの学者が数学的真理と自分の心を探し求めた波瀾に満ちた体験。
作家シルビア・ネイサーのナッシュの半生記「ビューティフル・マインド」をベースに、フィクションを織り交ぜて映画化しました。


原島一男著「心をなごませる感じのよい英会話」(ベレ出版) 好評発売中
原島一男著「単語で通じる英会話」(ベレ出版)       好評発売中
原島一男著「映画のなかのちょっといい英語」(麗澤大学出版)好評発売中

原島 一男

Kazuo Harashima

PROFILE

一般社団法人内外メディア研究会理事長、ノンフィクション作家。慶應義塾大学経済学部卒業。ボストン大学大学院コミュニケーション学科に留学後、1959年NHKに入局。国際局で英語ニュース記者・チーフプロデューサーを務める。定年退職後、山一電機株式会社に入社、取締役・経営企画部長などを務める。現在、英語・自動車・オーディオ関連の単行本や雑誌連載の執筆に専念。日本記者クラブ・日本ペンクラブ会員。『店員さんの英会話ハンドブック』(ベレ出版)、『オードリーのように英語を話したい!』(ジャパン・タイムズ)、『なんといってもメルセデス』(マネジメント社)など、著書多数。

このコラムニストの記事一覧に戻る

コラムトップに戻る