株式会社リンググローバルソリューション

グループサイト

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • お問い合わせ・資料請求
  • TEL:03-6867-0071
  • JAPANESE
  • ENGLISH

COLUMN コラム

名画から選んだ美しい英語

2018.09.10

名画から選んだ美しい英語(145)

原島 一男

“You are a wonderful great tennis player.”
「きみは最高のテニス・プレーヤーだ」
(アニー・ホール)

  名作映画の中で話されている、上品で丁寧なフレーズをそのまま紹介する連載。
  才人といわれるウデイ・アレン。自分自身の1970年代の実生活を映画化した「アニー・ホール」。
 アルビー(ウッディ・アレン)は歌手志望のアニー・ホール(ダイアン・キートン)との生活を通じて男と女の生きざまを見つめます。
 最初の出会いはテニスコート。そのあと、アニーの車で送ってもらうのですが…。

----------------------------------------------------------------------------
ALVY:  You are a wonderful great tennis player. 「きみは最高のテニス・プレーヤーだ。
           You're the worst driver              きみはぼくが会った
           I have ever seen in my life.         最悪のドライバーだ。
           And I love what you're wearing.        でも、着てるものは大好きだ」
ANNIE: Yeah? Oh... This was a present      「そう? おばあちゃまからの
    from Grammy Hall. My Grammy.        プレゼントなの」
ALVY: Your Grammy? Where did you grow up?    「おばあさんだって?あなたはどこで育ったの?
   In a Norman Rockwell painting?        ノーマン・ロックウェルの絵の中で?」

ー「アニー・ホール」 (Annie Hall 1977 監督:ウッディ・アレン 
脚本:ウッディ・アレン、マーシャル・ブリックマン)
----------------------------------------------------------------------------


  女性への褒め方は、いろいろあります。
 アルビーは、まず、アニ−のテニスの腕前を褒める。そのあと、ドライブの仕方をけなす。それから、洋服のセンスを誉めています。
 最新のファッションではなく、一時代前の服装を自分で着こなしている彼女の感覚がいいと。
 ちょうどノーマン・ロックウェルの絵から抜け出してきたようだ、と。

・“You are a wonderful great tennis player.”  =「あなたは最高のテニス・プレーヤーです」
  (wonderful と great の二つの形容詞を重ねて相手の ’すばらしさ’ を強調している)
・“You're the worst driver I have ever seen in my life.”                              
 =「あなたはぼくがこれまでに人生の中で出会った最悪のドライバーです」(現在完了形)
・“I love what you're wearing.” =「あなたが今着ているものは大好きです」(現在進行形)

 一世を風靡したアメリカの画家ノーマン・ロックウェルは、人々の生活を暖かく描き続け、ユーモアとペーソスにあふれた作風は‘旧き良き時代の’アメリカを彷佛とさせます。
 1920年から60年代までアメリカの代表的な週刊誌『サタデー・イブニング・ポスト』の表紙を飾っていました。
黒の帽子。黒のベスト。男性のようなワイシャツにネクタイ。だぶたぶのカーキ色のパンツ。
そんな服装を褒められて、”This was a present from Grammy Hall. “(祖母のグラミー・ホールからもらいました)とすっかりうれしくなったアニーでした。

原島一男著「心をなごませる感じのよい英会話」(ベレ出版) 好評発売中
原島一男著「単語で通じる英会話」(ベレ出版)       好評発売中
原島一男著「映画のなかのちょっといい英語」(麗澤大学出版)好評発売中

原島 一男

Kazuo Harashima

PROFILE

一般社団法人内外メディア研究会理事長、ノンフィクション作家。慶應義塾大学経済学部卒業。ボストン大学大学院コミュニケーション学科に留学後、1959年NHKに入局。国際局で英語ニュース記者・チーフプロデューサーを務める。定年退職後、山一電機株式会社に入社、取締役・経営企画部長などを務める。現在、英語・自動車・オーディオ関連の単行本や雑誌連載の執筆に専念。日本記者クラブ・日本ペンクラブ会員。『店員さんの英会話ハンドブック』(ベレ出版)、『オードリーのように英語を話したい!』(ジャパン・タイムズ)、『なんといってもメルセデス』(マネジメント社)など、著書多数。

このコラムニストの記事一覧に戻る

コラムトップに戻る