株式会社リンググローバルソリューション

グループサイト

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • お問い合わせ
  • TEL:03-6779-9420
  • JAPANESE
  • ENGLISH

COLUMN コラム

Global Business Skills

2016.10.25

The Importance of the Three Pillars and English Skills【Part2】

ロバート・ヒルキ

Let me shift gears for a minute. I have a confession to make. Let me give you a bit of background to help better understand what I mean by that. I’ve been teaching intercultural communication related programs in Japan for more than 30 years. However, for many years, we had to work very hard to get potential clients to recognize the positive impact that intercultural communication training can have on their organizations’ profitability. In fact, one common misperception in the market was that our company was essentially providing eikawa (English conversation training). This misunderstanding was so deep that many of our trainers, I perhaps foremost among them, developed a negative reaction to being thought of as an English teacher. Even though we naturally understood the importance of English, we struggled to maintain our company’s brand as offering services that were distinct from and more sophisticated than what the myriad providers of eikawa could offer.

Here comes my confession. I have to admit that when I first heard about a new LGS program called “ESM” (English Speaker Mindset), I was worried that it might be little more than an eikawa gimmick. That was before I started to learn more about the program and realize how skillfully it had been designed to address the English allergy I mentioned early. This newly found appreciation on my part grew as I began to teach the program by myself. And it grew even more when I began to see the deep impact ESM had on our participants, as evidenced by the comments they made to us orally and on their post-seminar questionnaires.

To be sure, having learned several languages myself and having taught in Japan for close to 40 years, I had always known how important having the proper attitude was to successfully using a foreign language, or as we call it with ESM, having the right mindset. If someone is overly concerned with being perfect, avoiding mistakes at all costs, trying to get everything right, it is very hard to communicate effectively. The whole notion of, “If I can’t say it perfectly, I’ll just keep quiet,” becomes a real barrier to communication. Unfortunately, I have seen that happen to tens of thousands of intelligent businesspeople here in Japan.

The cleverly designed activities that ESM utilizes allow the participants to recognize how enryo (hesitation) can prevent them from being able to effectively use the English that they have, regardless of their current levels. ESM also provides the participants with concrete, practical tools that they can use to make themselves understood and to help their conversation partners to assist them in understanding. The look on our participants’ faces when they realize that they can communicate, even with limited English, is what convinced me of the real value of our ESM program. It would not be an exaggeration to say that ESM has indeed positively affected the lives of many of our seminar participants. We often receive emails from our participants telling us that their entire approach to using English has changed as a result of ESM. Even though the participants’ actual English level may not have improved significantly in the short term, their enhanced ability to communicate has made it much easier for them to do their jobs successfully when working with people from overseas.

Moreover, I have been pleasantly surprised to receive similar comments from participants who already have highly developed English skills. It seems that the value of ESM training is just as effective for people whose TOEIC scores are over 860 as it is for those whose scores are in the 250-400 range. To learn more about LGS’s ESM program, please click here.

Naturally, as part of helping Japanese business people develop a positive mindset about using English as a tool to communicate, we also encourage them to work hard to upgrade their actual English skills, especially vocabulary. But the first and most important step is for our participants to learn how to change their basic approach to using English. ESM does that. I am now a huge fan of this LGS program. It certainly can play a big role in helping our participants develop their abilities to communicate in English, one of the three key pillars to success in today’s global business world.

2016.10.25

三本の柱と英語力の重要性【パート2】

ロバート・ヒルキ

少し話を変えましょう。告白しなければならないことがあります。どういう意味なのかわかりやすくするために少し背景をご説明しましょう。
私は日本で異文化コミュニケーション関連のプログラムを30年以上教えてきました。
しかし、長年、異文化コミュニケーション研修が組織の利益性に与える肯定的な影響を、潜在的なお客様に認識してもらうのには大変な努力が必要でした。事実、よく間違われたのは、私たちの会社が基本的に英会話を提供しているということでした。
この誤解はあまりに深く、弊社の講師の多くは(中でも一番は私自身でしょうが)、英語講師だと思われることに否定的な反応を示すようになってしまいました。
英語の重要性は当然理解していましたが、無数の英会話学校とは一線を画し、より高度なサービスを提供している私たちの会社のブランドを維持することはとても困難だったのです。

ここで私の告白となります。
リンクグローバルソリューションの新規プログラム、「ESM(English Speaker Mindset)」について初めて耳にしたとき、私は英会話に毛が生えた程度の代物ではないかと心配になりました。
それは私が同プログラムについてより深く学び始める以前のことであり、その後、同プログラムが前述した英語アレルギーに取り組むためにいかに巧みにデザインされているかを認識しました。
この新たな認識は、プログラムを教え始めるにしたがって私の中で大きくなっていきました。
そして、ESMが受講者に与える深い影響を、口頭で受けるコメントや研修後のアンケートを通して目の当たりにするにつれ、その認識はより大きくなりました。

確かに、自分でも数か国語を学び、日本で40年近く教えてきた中で、外国語を上手に使いこなすのに適切な態度、あるいはESMで言う正しい考え方(the right mindset)、がいかに重要かを常に認識してきました。
もし完璧であることにこだわるあまり、何としてでも間違うことを回避し、すべてを正しく行おうとするならば、効果的なコミュニケーションの実現は非常に難しいでしょう。「完璧に話せないのなら黙っていよう」という概念は、コミュニケーションに対する真の障壁となります。
残念なことに、このような知的ビジネスパーソンを日本で何万人も見てきました。

ESMでは巧みにデザインされたアクティビティを通して、遠慮することでいかに自分が持っている英語力を、現在のレベルに関係なく、効果的に使うことができなくなるかを受講者が認識できるようになっています。
また、ESMは受講者に具体的な実践ツールを提供しており、自分たちが理解され、かつ会話の相手が理解する手助けをしてくれるために活用していただいています。受講者の方々が、限られた英語力であれ、自分はコミュニケーションが取れるのだと認識した時の表情を見て、私は弊社のESMプログラムの本当の価値を確信しました。
ESMは、確かに弊社の研修を受講された多くの方々の人生に前向きな影響を与えたと言っても過言ではないでしょう。
私たちは受講者の方々から、ESM受講の結果として英語を使うアプローチ全体が変わったというメールをよくいただきます。短期では受講者の実際の英語レベルは大幅に向上してはいないかもしれませんが、コミュニケーション力が強化されたために、海外からの人たちと仕事をするのが、非常にやりやすくなっているのです。

さらに、既に高度な英語力を持つ受講者からも同様のコメントをいただくことは嬉しい驚きです。
ESM研修の価値は、TOEIC試験の点数が860点以上の人にとっても、250~400点台の人にとっても同様に効果的なのです。リンクグローバルソリューションのESMプログラムの詳細は、こちらをクリックしてください。

当然ながら、日本人ビジネスパーソンがコミュニケーションツールとして英語を使うことへの前向きな姿勢を養う一助として、私たちは実際の英語力の向上、特に語彙力の向上に励むこともお勧めしています。
しかし、受講者の方々にとって最初の最も大事なステップは、英語を使うための基本的なアプローチを変える方法を学ぶことです。ESMはそれを教えます。
私は今やこのリンクグローバルソリューションプログラムの大ファンです。
今日のグローバルなビジネスワールドにおける成功のための三本のキーとなる柱のうちのひとつ、英語でコミュニケーションを取る能力の向上に確実に大きな役割を果たしているのですから。

ロバート・ヒルキ

Robert Hilke

PROFILE
カリフォルニア大学サンディエゴ校卒、言語学/TESOL修士課程修了。日本在住歴は40年近い。来日後は国際基督教大学(ICU)専任講師を16年間にわたり務める。また早稲田大学でも非常勤講師として教鞭をとる。2000年からはLGSにてファシリテーション、ティーチング、コンサルティングに従事。TOEIC、TOEFLのカリスマであり、100冊近くの参考書を上梓、テスト攻略講座の講師としても活躍。

このコラムニストの記事一覧に戻る

コラムトップに戻る